姿勢の良し悪しで、見た目の印象は大きく変わる。一生、美しい姿勢であるためには、何が大切かを知っておこう。
解説/黒田恵美子[一般社団法人ケア・ウォーキング普及会]

Illustration_Takao Kawasaki

新作モデル

「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足の生き物は?」というなぞなぞがあるように、年を取ると背中が曲がり、杖が必要になる人もいます。その大きな原因の一つが、抗重力筋の衰えです。  支えがないとガイコツの標本が立たないように、筋肉が骨を支えているからこそ私たちは立っていられます。しかし、「重力」に「抗う」筋力である抗重力筋が衰えると、まっすぐな姿勢を保つことが難しくなり、猫背になってしまうのです。  背骨は緩やかなS字カーブを描いて積み木のように並んでいるため、猫背が続くと、やがて背骨全体にゆがみが生じます。  さらに、猫背に拍車をかけるのが、骨がもろくなってしまう「骨粗しょう症」です。骨は古い骨を壊し、新しく再生させる新陳代謝をしていますが、女性の場合は閉経を境にして、骨の形成を促進する「エストロゲン」が欠乏し、つくるよりも壊すペースの方が早くなります。  そうすると、次第に骨密度は低くなり、もろくなった骨が悪い姿勢によって圧迫される「圧迫骨折」が起きてしまいます。そして、圧迫骨折を放置しておくと、背中はどんどん湾曲するのです。

em様専用
日々の〝正しい歩き方〟

 美しい姿勢を保つカギは、日々の運動にあります。運動といっても、何かスポーツを始める必要はなく、日常的に行なっている動作も「運動」になっています。例えば、正しい歩き方を意識的に行なうだけでも、効果は十分にあります。「歩くだけ?」と意外に思うかもしれませんが、1日のうちで最も行なっている運動だからこそ、歩行が体に与える刺激には大きなものがあります。  歩くときに意識してほしいポイントはたったの2つ。腕を左右平行にやや後ろに振ることと、おへその下に少し力を入れること、これらを意識するだけで、重心が前に移動しやすく、姿勢もおのずと良くなり、早く歩くことができます。これが筋肉を落とさない〝正しい歩き方〟であり、体を美しく見せる歩き方でもあります。  女性にとって50代は、体が変化し始めるターニングポイントです。運動に加えて、骨を強くする食事を意識的に採ることも、圧迫骨折の原因となる骨粗しょう症への対策となります。長い人生、意識して正しい習慣を日々積み重ねていくことが、10年後、20年後の体をつくります。大人の美しさは、健康な体に宿るもの。背筋のシャキッとした100歳を目指しましょう!

※本記事は、『HAIR MODE 』および『HAIR MODE digital 』2017年10月号にて掲載した記事を転載したものです。

黒田恵美子

くろだ・えみこ/一般社団法人ケア・ウォーキング普及会代表理事。東海大学医学部客員教授。健康運動指導士。「ケア・ウォーキング」「ひざちゃん体操®」を提唱し、痛みの起こらない体の使い方、動作改善法を考案。健康で美しい歩き方の教室や指導者育成に力を注ぐ。

【ALEXANDER MCQUEEN】ブラックレザークロス ボディバッグ

ハイトーンカラーをはじめ、自分の心が赴くままにヘアデザインを楽しむ時代、髪のコンディションは複雑になりがち。...

KT Pro Tools A6491MP 3/4" Drive Impact Socket Set

服やバッグと同じように、スタイリング剤だってシェアする時代。例えば、いつも一緒にいる彼と彼女、同じ『クールグ...

KIKO KOSTADINOV BOUDICCA TOP RAVEN BLACK/OLIVE

色を楽しむルベル/タカラベルモントのヘアカラーブランド「edol(エドル)」から、その髪色を長くキープするた...

Panasonic - teeee 様 専用

美容師の快適で洗練されたサロンワークを演出する革製品ブランド「aruci」。エプロンやシザーズケースなどが人...

magazine

【AJOBYAJO】Twofold Stripe Sweatshirt - ブラック
UNITEDPROJECTSOLUTIONS.COM.AU RSS